• ホーム
  • 体の不調の原因はストレス?まずはしっかりと睡眠を

体の不調の原因はストレス?まずはしっかりと睡眠を

現代はストレス社会です。
職場だけでなく、日常生活の中にもストレスの原因となる出来事が溢れています。
過剰なストレスを受け続け、漠然とした体の不調や不定愁訴に悩んでいる人も少なくないのが現実です。

最も多く影響を及ぼすのが睡眠です。
交感神経が優位になりがちになると寝つきが悪くなったり、熟睡できない場合があります。
個人差はありますが、一般的に約90分のサイクルでレム睡眠とノンレム睡眠をくり返しています。
朝に太陽の光を浴びる事で脳内のメラトニンがリセットされ、夜になると再び分泌されるので自然と眠くなります。
しかしストレスが原因となり、この睡眠の仕組みに誤差が生じはじめます。
浅いノンレム睡眠が続いて途中で何度も目が覚める様になります。
翌朝の疲労感から仕事にも差し支えが出る様になり、眠れないというストレスが悪循環を生み出します。

慢性的な体調不良を改善させるには、まず質の良い睡眠を得る為の対策を講じる事が必要です。
メロセット等の睡眠導入剤の使用も効果的ですが、まずは毎日の生活のリズムを整えていく事が先決です。

深夜のテレビ視聴やパソコンの作業は控え、規則正しく生活します。
日中はできるだけ外出をして人とのコミュ二ケーションを心がけます。
散歩やウォーキングを趣味にすれば、心身共にリフレッシュできるので、心地よい睡眠に繋がります。

必要とする睡眠時間は人により差があります。
高齢者になると短くなる傾向がありますが、最低でも6時間から7時間は確保しておくのが無難です。

就寝前はカフェイン等の刺激となる飲み物や食べものはできるだけ控える様にします。

ストレス耐性が低下した状態で更に過剰なストレスを受け続けると、睡眠障害に加え精神疾患になる可能性もあります。
うつ病や統合失調症になると治すまでに数年もの期間を必要とする場合があります。
思い切って環境を変えてみるのも良い方法です。
長年過ごしてきた職場や住居を変える事でストレスの重圧から解放される場合があります。

不眠症なら睡眠導入剤のメロセットに頼るのも一つの手

質の良い睡眠を十分とることが不調解消のために重要とわかっていても、いったん不眠症に陥ってしまうとそれなりの睡眠時間を確保しても寝付きの悪さや浅い眠りのせいで上手く眠れない状態が続いてしまいます。
それ自体がストレスとなって不眠状態が悪化しかねません。
まずはいったん乱れてしまった睡眠リズムを整えておくことが肝心です。

睡眠導入剤のメロセットを利用して脳内での分泌量が減ってしまったメラトニンを補充し、夜しっかり眠って朝起きるという生活サイクルを定着させる必要があります。
メロセットは一般的な睡眠導入剤で心配される副作用や依存症の心配が少ないことで知られ、人の脳内で分泌されるメラトニンと同様の有効成分ということで、薬で眠ることに抵抗感を抱く人にも向いています。
メロセットが睡眠をもたらす仕組みはメラトニンが副交感神経に働きかけて心身をリラックス状態に導いて体温や脈拍、血圧を低下させて身体の入眠態勢を脳に伝え自然な深い眠りへと誘います。
素早く強制的に眠らせる他の睡眠導入剤より作用が穏やかなため物足りなく思われることもありますが、そのぶん副作用や依存症の心配が少ない薬です。

メロセットで睡眠リズムを整えて、深く眠って起床し朝の太陽光を浴びることで体内時計がリセットされメラトニンの原料となるセロトニン分泌が始まり、同時に夜のメラトニン分泌の予約スイッチが入ります。
メロセットのサポートで夜しっかり眠って朝起きるという規則正しい生活サイクルを定着させることによって、自分自身の脳内でのメラトニン分泌を促すことにも繋げられます。
メラトニンの原料セロトニンは別名幸せホルモンとも呼ばれる神経伝達物質で、メラトニンと共に心身の健康を保つために欠かせません。
快適な睡眠とストレス解消のためにもメロセットを役立てて、朝型の規則正しい生活に戻しておくことが重要です。

関連記事